スピード感のある丁寧・誠実な運用と、ハイセンスなクリエイティブでCPI 50%減達成!成功の秘訣とは?

⚠️モバイル上で、記事内容の表示が崩れる場合がございます。



立野岡:実在する戦闘部隊がテーマになっており、「戦闘少女:Zガールズ」と呼ばれるミリタリー少女と共に、「建設・生産・訓練」によって自身の基地や部隊を強化しながら、

全世界のプレイヤーとリアルタイムバトルを楽しむことができます。




立野岡:リリース時は別の広告代理店様だったのですが、社内のメンバーが小池代表と面識があって、ちょうど他の代理店様を探していたところに紹介してもらったという経緯です。




立野岡:代理店様の選定には御社含め3社にお声がけさせていただいたのですが、御社は「サンプルでクリエイティブ作るので素材下さい!」という攻めの姿勢で交渉してきたのが印象深かったです。

しかも、当時掲載していた広告について「クリエイティブ拝見しましたがもっとこうしたほうがよいかと!」とアドバイスまでいただいていました(笑)。加えてチャットのレスポンスが早かったのも特に好感もてましたね。

・・・と、言いますのも、当時取引していた広告代理店様とのコミュニケーションコストクリエイティブの方向性に関して、もう少しうまくできないものかと思案していたところでした。

御社はそれを補うどころか飛び越えてくる勢いだったので、非常に頼もしく思えました。




立野岡:それまで配信していた媒体やKPIをご提出して、課題など細かいところを擦り合わせさせていただきました。

私の要望やクリエイティブの方向性、各媒体の伸びしろなどヒアリングしていただいた後、プランとクリエイティブ作成をしていただきました。




立野岡:本タイトルがアクションと違ってストラテジーですので、ゲーム画面の動きが地味ですし訴求内容も似たり寄ったりで広告クリエイティブには毎度苦心していました。

なので私としては尖った独自性のあるクリエイティブにしたかった。

そして御社から提出されたクリエイティブを見て大変驚きました。

アイキャッチが良く一目でどのようなゲーム性なのか分かるものから、ちょっとした発想の転換でとてもインパクトのあるものまであり、運営メンバーからも大変評価が高かったです。Twitterでもクリエイティブについてつぶやいている方がいたくらいです。


彼女はイギリス所属なのですが、背景のイギリス国旗がとてもアイキャッチになっており、今まであまり見たことのないインパクトのあるクリエイティブでした。


こちらもパフォーマンスが良かったのですが、指揮官(プレイヤーの呼称)が無能でそのしわ寄せが部隊に影響し、窮地に陥ったキャラに感情移入させるというクリエイティブでした。もしかしたらこちらをご覧になって、経緯や背景など想像してしまう方がいたかもしれませんね(笑)。


立野岡:私が御社に抱いている印象は、誠実・丁寧・信頼の3つです。

弊社からのどんな問い合わせや要望にもきちんと向き合って下さっています。

お互いの意思疎通が取れたら後は、同じ方向を一緒に見ながら進んでいるような感覚です。

ゲーム内に合わせた戦略や、ライフステージに合わせたKPI方針に基づく広告運用をお願いすることが多いのですが、その時々で高いパフォーマンスをお出しいただいていると実感しています。また、弊社からの要望にも時には提案などに変えて返答下さるのも信頼できるところですね。

私が戦略を、御社が戦術をそれぞれ担うことで、ギアがしっかりかみ合って効果を出せていると感じています。




立野岡:御社が担当されてから特に変わったのは獲得効率ですね。それからCPI。

同じ媒体でも御社になってからそれまでショートして数件/日だったものが、数百件/日に改善、CPIも30%~50%近く下がった媒体もありましたね。

全体的なところでいうと、獲得ボリュームの底上げにもつながりなりました。

リリース時よりもKPIが改善されたときは思わず皆で笑ってしまいました。




立野岡:キラリと光るクリエイティブセンスと電光石火のスピード感ですね。

運用の方やクリエイティブ制作の方もチャットにいらっしゃるので、弊社側の声をそのまま実務の方が見てくださっています。

そのため、確認にも時間がかかりませんし伝言ゲームにならないのがとてもいいですね。

広告は生ものなのでスピードが大事だと思っています.

弊社はこの円滑なコミュニケーションで、時間短縮にもつながり大いに助かりました。




立野岡:本作はミドルからコアゲーマー向けのゲーム性ではありますが、ライトゲーマーの方でも他プレイヤーの協力を得ながら十分楽しめる内容ですので、1人でも多くの方にその魅力をお伝えし、手に取っていただけるよう、御社と共に様々な角度から皆様へ情報発信していければと考えております。

今後ともよろしくお願いいたします。


208回の閲覧