【インタビュー企画】同期を求めて22新卒採用活動?!まだ学生なのに第一線で活躍する22新卒内定者にインタビュー

こんにちは!株式会社キュービックの近藤です!

今回は、2022年4月に入社予定の山本・近藤による2人の新卒対談インタビューをお届けします。新卒メンバーの業務内容、社内の雰囲気、そして今後のキュービックについてお伝えします!

<聞き手=小池 徹 編集=近藤彩香>

【プロフィール】

山本:法政大学3年。第二マーケティンググループに所属。広告代理店業務で第一線で活躍中。

近藤:明治学院大学3年。第一マーケティンググループに所属。新卒採用活動を牽引。

小池:キュービック代表取締役

現在の仕事内容を詳しく教えて下さい!

小池:2人が現在行っている業務内容を教えて下さい。

近藤:22卒内定者として、新卒採用活動に関わっています。実際に、応募者の書類選考と一次面接・評価を行っています。

山本:代理店事業を引っ張っています。自分で案件を持っていて、どの媒体でどんな広告を流すのかという戦略を立て、メディアに入稿して、パフォーマンスを注視しています。また、第一線でクライアントさんとコミュニケーションを取っています。特に、どういったクリエイティブが効果出るのかとか考えるのがすごく楽しいです。実際に自分が提案した広告の効果が出て、クライアントさんの喜びの声が聞けるのはすごく嬉しい

小池:具体的にどのような案件を持っているの?

山本:僕が持っている案件は、国内のみならず海外でプロモーションをしていて、スケールは大きいです。例えば、今もヨーロッパで僕が手掛けている企画が当たっています。自分が手掛けている仕事が海外で受けているというのは、すごく嬉しいです。

小池:近藤さんは具体的にどんなことを採用活動でやっているの?

近藤:主にWantedlyで応募してくれた人の対応をしています。また、Wantedlyに載せる写真の変更やSNS運用など、新卒の応募を増やすための施策を考えて提案し、実行しています。今回のこのインタビュー記事も自分が企画したもので、それが実際に採用されたのはすごく嬉しかったです!

山本:僕も採用に携わらせてもらっています。これまで見られる側だったのに、見る側になったことによる難しさは感じていますが、「同期・仲間を探している」という点が採用で一番楽しい部分です。

小池:山本君はまだ内定者なのに正社員並に会社の表面積を担っているよね。

山本:やる気と、稼働量だったり自分のコミットを認めてもらった結果、チャンスをいただけているのかなと考えています!

キュービックで実際に働いてみてどうですか?

 【実際の仕事風景:わからないところはすぐ仲間に質問!丁寧に教えてくれます。】

小池:ギャップは何かあった?

近藤:オフィスを初めて訪問した際も思いましたが、従業員の仲の良さを感じました。皆さん質問に優しく応えてくれますし、ギャップは特に感じていません。

山本:裁量権の任せかたがエグいことです。今も、大きな案件任せてもらえていて、いい意味でアルバイトだとかインターンだとか思われていないです。実際に自分の上長にも「アルバイトとして見てないから」と言われました。あと、働くことの楽しさ、を一部知れたかな。

小池:裁量権が大きいことは近藤さんも感じる?

近藤:確かに感じます。すでに採用を任せてもらってる部分を含め、規模が小さいからこそやれることが多いことを日々実感しています。内定承諾後の次の出社日に「新卒採用プロジェクト」のミーティングに早速参加した際はとても驚きました。

今後どういった会社にしていきたいですか?

小池:今後2人はキュービックをどんな会社にしていきたい?

山本:「このままクライアントファーストの会社として成長し、名を馳せたい。」と思っています。自分には「見栄」と「成長」という2通りの就活の進め方がありました。具体的には、大手に入って見栄を獲得してからベンチャーに入る選択肢と、ベンチャー入って成長してからその後見栄を獲得するという選択肢があって、僕は後者を選びました。だからこそ、「見栄」もCubicで実現しちゃいたいと思っています!

近藤:Cubicって言ったときに「ああ!クライアントファーストの会社ね。」ってなるようにしたいです。今は友達に「Cubic」って言った際に、「え、どこ?」ってなるので、知名度も同時にあげていきたいですね。

「こんな人と働きたい!」はありますか?

小池:どんな同期と一緒に働きたい?

山本:熱量がある人がいいな!って思ってます。

近藤:パッション大事です!

山本:ネガティブワードよりもポジティブワードがたくさんでる人が個人的には好きですね。

近藤:私は能動的に動けて自己成長ができる人が良いです。Cubicの中心人物として、同期として、お互いを高め合いながら、会社を成長させていける人が良いです。

山本:会社の成長にコミットできるというのは前提としてあると思っています。

近藤:そういう人じゃないと、会社のスピードにもついていけないと思います。会社の制度とか環境も整っていない中でも、ガツガツキャッチアップ進めていける人が良いと思います!

 【先輩の船木(右)・神藤(左):年齢やキャリアに関係なく、和気あいあいとやっています!】

次回の対談企画もお楽しみに!

弊社では現在、22卒新卒枠として5つの職種(マーケター職 / エンジニア職 / クリエイター職 / コーポレート職 / 新規事業)を募集しています。

私たちと一緒にキュービックを牽引していく仲間として、

高い成長意欲とパッション溢れる方からの応募をお待ちしています!

マーケター職

https://www.wantedly.com/projects/591140

クリエイティブディレクター職

https://www.wantedly.com/projects/584907

エンジニア職

https://www.wantedly.com/projects/588742

コーポレート職

https://www.wantedly.com/projects/584902

新規事業

https://www.wantedly.com/projects/586169

オープンポジション(まだ職種が決まっていない方はこちら!)

https://www.wantedly.com/projects/588743